まさかの付録DVDに。村上ワールドへ引きずり込まれた。

公開日: : 最終更新日:2016/04/05 レビュー(インプレ)・レポート, 本・雑誌, 思っていること

サーバーサーバーサーバー。

昨夜から僕の頭はこれでいっぱいです。引越し先のサーバーがちゃんと動いているのかなどのチェックしまくり。スマホでキャリア通信で見てwifiで見て、PCでテザリングで見てwifiで見て・・・そんなことを30分おきくらいにやってます。

今月号のロドリがおもろかったので、今の気持ちをシェア。

SPONSORED LINK

結構おもしろかったかもしれない

lm111

今月号の、ルアマガ3月号について思ってることを、シェアさせてもらいます。

まず、新商品スクープの量がすごい。バス雑誌って現在は全部で4誌あると思いますが、最近はルアマガにしか新製品情報を出してないメーカーが多いような気がします。正確に言うと、出してるっちゃ出してるんですが、他紙はルアマガに1ヵ月くらい遅くれて出てくる感じ。

そしてアマゾン釣行記。マイケルさん(ルアマガ編集長)自らブラジル・アマゾン川に行き、その実態をレポートしているという超アグレッシブな企画。やはり見慣れてない情報も多いだけに、読んでてワクワクしちゃいます。僕もアマゾン釣行書くって言ったのに、まだだったな。。

ちょっとしたことですが、表紙にもなってるデプス奥村さんが陸っぱり、しかも青森で実釣しているページが新鮮でしたね。詳細はDVDらしいのですが、陸に立ってる奥村さん・・・そしてなぜ青森(笑)

 

でも、本当におもしろかったのはDVD

lm222

誌面の方もまあまあ楽しかったんですが、付録DVDの村上さんのが今回は特におもしろかったですね。

普段は雑誌オマケのDVDって僕は、 “ながら見” しかしてないんです。片付けながらとかメール返信しながら見てるので、今回もいつも通り “ながら” スタートしました。

ところが、耳に入ってくる村上さんのトークに惹き込まれて行っちゃったんです。で、気付いたら全作業をストップして、普通にガン見。結局そのまま全45分見ちゃいました。

村上さんの考え方や人柄はもちろん、なによりも自然なんですよね。『ロケだから釣らなきゃ!』感がなくて、普通にいつも通り(想像上ですが)ラクにして楽しみながら釣りしてる。でもちゃんと釣れる。そして喜ぶ。この一連の流れが、見ていて本当に自然。

あとルアー解説とかも聞いていて気持ちいいですね。所属してるイッセイ新作ルアーについての解説なんかが時々あるわけですが、宣伝臭さがまったく感じられない。

購入を促してくるわけでもなく煽ってくるわけでもなく、でも商品の特徴や使い方についてはアツく語る。もしかしたら『ま、買ってくれなくてもええねん』とか思ってんじゃないかくらいに、ナチュラルなんですよね。

僕がもともと村上さん好きってのもありますが、こういうトークテンションなものですから、どんどん惹き込まれて行っちゃうんです。言ってること全てが信じられるレベルに。

村上さん見てたら、部屋の片隅に眠ってるこいつを思い出しました。ハートランド白疾風(しろはやて)。去年はもしかしたら1回も使ってあげてないかも。 lm333

ちょっとだけ入ってるロングキャスト講座も良かったですね。投げにくいヘビキャロなんかを遠投するためのコツを、村上さん自身が実演しながら解説してくれるのですが、僕なんかには結構勉強になりました。

DVD見終わった時、なんか心が満たされた気分になりました。村上ワールドの不思議です。

 

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

釣果アップのために読み返してます。『バス釣りがある日突然上手くなる』を。

「キング青木虫」「DEX」など、2016年 Berkley の新作ルアーたち

え、釣りビジョンって毎月1,296円で見れるのか! スカパーに入ろうか本気で迷う。

キープキャストで、トークに参加させていただきました。恐縮すぎた。

今月もバス釣り雑誌が出てまっせ! アングリングバスもあるよ!

過去に振りまわされ完全敗北。「現状からバスを探し出す」ことの重要性

「世界の怪魚釣りマガジン4」がクソおもろい。雑誌でこんなにオモロイの数年ぶり

1999年、バス雑誌に載っていた広告たち

ダイビングミノーに苦手意識。。実際に釣って克服したい。

「Final Ans. of Hook」を読んでみた。これは消化不良になるくらいに、マニアックで濃い。

投げ続けること1年半、ようやくゾーイフィッシュ来た!釣り以外で、こんな感情になることないかも

毎号ルアーが付いてくる「ルアーコレクション」創刊。でもちょいと高いような気も

「フットコンマウントダブル」導入。フラットな足場&高い目線を確保

「ギル五反田店」、移転オープンしたばかりの新店舗にお邪魔してきた。中古タックルが楽しい

ハートランドー「白疾風(しろはやて)」、今でも最愛のパートナー

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です