平成生まれの怪魚ハンター「尾池泰志」とは!? ~前半~

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 怪魚

今日はまた怪魚ハンターを紹介します。

怪魚ハンターって言葉、定義とかきっちり定まってるわけではないと思うのですが、とりあえず海外で巨大、強烈な魚などを釣っている人を怪魚ハンターってことで、今回はこの人物を紹介します。

【関連】【大量画像】怪魚ハンター「沖山朝俊」がヤバイ。。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~前半~

SPONSORED LINK

平成生まれ、オイケタイシ。

11997121_813336362112909_707271589_n

尾池泰志
(↑の水かけられてる方)

オイケタイシという人物をご存じでしょうか? 聞いたことない方々が大半だと思いますが、彼もまた怪魚ハンターでもあるのです。

元祖怪魚ハンター小塚さんや武石さん、ここでも紹介した沖山さん鍋田さんと比べるとまだまだ釣ってる魚種も少ないですが、それでも僕らのような国内アングラーにとっては刺激的な釣りしてます。

しかもまだ24歳(2015年現在)。『遅咲きモンスター』と呼ばれてるらしいですが、普通のサラリーマンです。頑張って貯金して、貯めた有休を一気に使いながら世界各国へ旅してるのです。親近感沸きますね。

そんなタイシは自分でもブログやっているので、過去記事などを見れば釣果写真出てくると思いますが、大変だと思うので hebinuma でインパクトあるのをまとめて紹介しちゃいます!

 

これまで釣ってきた怪魚たち

ピラルクー@ガイアナ。 いきなりタイシが映ってない写真ですが。暴れまくって水面飛び出してきた淡水の怪物。
11992119_813337905446088_713425364_n

ピラルクー@ガイアナ。これがタイシ(右)。平成生まれでありながら、早くも日本を飛び出し世界を釣りまくる男。11995527_813337615446117_684391373_n

レッドテールキャットフィッシュ@ガイアナ。名前の通り見事に赤い色した尾ビレを持つナマズ。上半分と下半分でも色違うんですね。11998162_813337742112771_893400940_n

レッドテールキャットフィッシュ@ガイアナ。アホっぽく見えるわ~両方(笑)でもこのオッサン顔のナマズと麦わら帽子、似合ってるな。11950921_813337755446103_478784382_n

カショーハ@ガイアナ。まじでカッコイイ。牙がヤバい。サカナに生えてるものとは思えない。11994226_813337212112824_2114010588_n

カショーハ@ガイアナ。ちなみにカショーロとは『犬』という意味。本当に獣のような顔してるな。11998586_813337218779490_811547959_n

ヨーロッパオオナマズ@スペイン。怪魚系の人にとっては定番?と思われるほど、誰もが狙いに行く巨大ナマズ。もちろんタイシも。11994277_813338345446044_1808773152_n

パクー@タイ パームツリー。これはなんだ?初めて見たかもしれない。黄金っぽく光る魚体と、この離れた目。11994277_813337085446170_466591022_n

ブラックピラニア@ガイアナ。おお、ピラニアってこんな黒いのもいるのか。真っ黒ではなく青黒いのが綺麗だな。11994221_813337312112814_897922866_n

トーマン@マレーシア。これは本当に釣ってみたい。理由はカッコイイから。この模様、カタチ、大きさどれもが憧れる。バスベイトの “ような” ルアーで釣ってますね。11998007_813339318779280_1308892045_n

ピライーバ@スリナム。推定100キロはあろうかという巨大ナマズ。こいつを獲ることが、タイシの10年来の夢だったらしく、本気で男泣きしたらしい。詳しくはこちら11994272_813339078779304_616752140_n

タイシの怪魚っぷりはまだまだあります。続きは~後半~で!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週もっともよく読まれている記事たち hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

世界を旅する「鍋田陽二」さんがオモシロい!!深海サメ好きな冒険家ハンター! ~後半~

生物ライター「平坂寛」。なぜ今メディアが彼に注目しているのか? ~前半~

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~前半~

『新・世界怪魚釣行記』をリアクションバイトしてしまった・・・!

怪魚ハンター「ヤコブ・ワグネル」を知っているか?

ピクシブ社長の片桐孝憲さんも怪魚ハンター? 巨大エイを釣り上げる!

「世界の怪魚写真展」、3月10日~開催! 有名怪魚ハンターのトークイベントも

「世界の怪魚釣りマガジン4」がクソおもろい。雑誌でこんなにオモロイの数年ぶり

120kg超! イタリアで巨大ヨーロッパオオナマズが釣り上げられる。

生物ライター「平坂寛」。なぜ今メディアが彼に注目しているのか? ~後半~

世界を旅する「鍋田陽二」さんがオモシロい!!深海サメ好きな冒険家ハンター! ~前半~

平成生まれの怪魚ハンター「尾池泰志」とは!? ~後半~

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~後半~

怪魚ハンター小塚拓矢さんの「Monster Kiss(モンスターキス)」オンラインストアができてる!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です