ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」を購入! おしゃれデザイン&アクセサリー豊富、で17,172円! ~後半~

ということで、引き続き、~後半~です。

まだ~前半~を見てない方はこちらから。

SPONSORED LINK

あぶねー、最初から傷ついてるかと思った

ハウジング(防水ケース)に入った状態で梱包されてます。実際に手にしてみると結構ゴツい感あるんですね~。2015-09-10 22.54.00

『おい!最初っからシミとかかすり傷付いてるよ!』2015-09-10 22.54.33

と思ったら保護シールでした。あぶねー。ショックと問い合わせするとこだったぜ。2015-09-10 22.54.59

こんな金属製のボタンが付いてて、水中でもちゃんと全操作ができるようになっているのです。2015-09-10 22.55.25

上部のロックを外すとこのように開きます。水が入らないように当然ですが、結構カタメに締まってます。2015-09-10 22.56.03

フタの枠部分にはゴムが一周付いてます。2015-09-10 22.56.28

 

キレイ。カワイイ。コンパクト。

これが「Q-camera ACX1」本体。これまでのウェラブルカメラのような無骨でブラックベースのデザインではなく、エメラルドグリーンのような色合いのカワイイ色です。さすが女性社長が自ら作っただけある。
2015-09-10 22.57.02

とはいえエメラルドグリーンは全面のみ。こうして見るとカワイイのもありますけど、おもちゃっぽい感ありますね(笑)2015-09-10 22.57.21

側面にUSBコネクタやマイクロSDスロットがあります。ここはフタなし。2015-09-10 22.57.34

反対側の側面にはボタン。『M』がメニューボタンで、あとは上下ボタン。2015-09-10 22.57.46

シャッター(動画スタート)ボタン。動画だけでなく、もちろん静止画も撮れちゃいます。2015-09-10 22.57.59

ウェラブルカメラとしては珍しく、カメラ本体にディスプレイが付いてます。GoProも一部モデルにしかついてないですからね。2015-09-10 22.58.39

バッテリーは下部から。感覚的な話ですが、カメラ本体のうち、バッテリーが半分以上の重さを占めてるような感じ。逆に言うとバッテリーなしの本体は、ほんとオモチャみたいに軽い。2015-09-10 22.59.26

 

ルアーとサイズ比較してみた

実際にどれくらいのサイズなのか?hebinumaではお馴染みの専用比較くん(POP-X)と比較してみました。全長はPOP-Xよりも短いほどにコンパクト!
2015-09-10 23.00.05

厚さはさすがにありますけどね。正確なサイズは、縦42.7mm×横61.2mm×奥行き25.2mm。2015-09-10 23.00.47

 

電源入れてみた

電源入れると、まずはブランド名である「UPQ」の文字。
2015-09-10 23.03.57

続いて「Designed in Tokyo」。製造自体は海外(中国?)ですが、デザインはトーキョー、ジャパンであることをしっかりアピール。2015-09-10 23.04.14

メニューボタン押すと、各種様々な設定変更ができます。この画面以外にも詳しく、言語設定や自動電源オフの設定なんかもできます。2015-09-10 23.04.45

広角レンズを使ってるのでしょうがないのですが、やや外側の景色は丸まって(歪んで)撮影されてしまいますね。ディスプレイ内の画像に注目。2015-09-10 23.10.02

充電は付属のUSBケーブルで。満タンまで3時間で、撮影は90分間ほど。2015-09-10 23.11.51

と、前後半に分けましたが、必要以上に写真撮りすぎたかな?まあ少ないよりはいいと思うので、良しとしましょう。

まだ撮影してないのですが、今のところ結構良さそうです。でも~前半~で書きましたが、アクセサリー類の使用方法が載ってないのはちょっと不親切。戸惑う人多いでしょ、これは。

マイクロSDがなくてまだ実際には撮影してないので、これからバンバン撮影して『実際どんな映像なのか?』、釣り人目線&本音ベースで発信していきます。

今考えてるのは、屋内、お風呂、釣り場の陸上、釣り場の水中は必須でサンプル撮影しようと思ってますが、他にも希望とかあります?あればコメントなりフェイスブックなりでメッセください。

このウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」の購入はこちら

【関連】ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」を購入! おしゃれデザイン&アクセサリー豊富、で17,172円! ~前半~

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

これ考えた人天才すぎ!後で読むことのできる「Pocket」が超ウルトラ便利!!

ギョギョギョ!スマホが魚群探知機に!!

セルバイでスマホから出品してみた! 売っれるかな~?? ~出品スマホ編~

上州屋の「ジェイ君」のLINEスタンプがいつのまにか出ていた

ガンクラフトに直営オンラインショップがオープンしていたゾ! 釣具は売らない方向なのかな~。

「イナズマSH」ゲット! このイナズマアームは確かに奇抜だわ。

早い安い!「アブズメモリー」ってサイトが便利すぎた。

TATULA(タトゥーラ)を手に入れたぞ!!

欲しかった「R2-D2 Car Charger(USB充電器)」を搭乗させた! こいつはカワイイ。

ノリーズの「HOSHOKUON(ホショクオン)」を買ってみた。釣りにはまだ行ってない。

「i-BREAK(アイブレイク)」を開封の儀してみる。思ったよりもフィン柔らかいんだな。

釣りにも便利そうな「Anyca(エニカ)」。オーナー側の平均収入額は25,000円にも!

ZEAL(ジール)の偏光グラス「STELTH(ステルス)F-1370」を購入してみた

ハンドメイドマーケット「minne(ミンネ)」に釣り系アイテムも結構ある。もちろんブラックバスも!

日本初!!?釣り人らしく「iPhone6」を開封してみたんだけど、サイズ感わかるっしょ?

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です