[寄稿] プロショップオオツカ オリジナルワーム 虫3インチについて

公開日: : 寄稿

今回の記事について。

寄稿というカタチで、僕ではない方が書いた文章をこの hebinuma に掲載させていただきます。僕には絶対に書けないような、経験に基づいた超具体的なテクニックも書かれていますので、必見です。

ちなみに今回の執筆者であるマルさんは、千葉・房総をホームとするアラサー陸っぱりアングラーです。僕がコテンパンにやられたこの釣りで、大量に釣っていた人物でもあります。

SPONSORED LINK

 

プロショップオオツカ オリジナルワーム 虫3インチについて

hebinuma読者のみなさんこんにちは。

早速ですがみなさんはどのくらいの頻度で釣りに行きますか。週1回、月1回、はたまた年に2,3回大型連休のときくらいでしょうか。

たまの休みにせっかく釣りに行ったのにボウズ。これはきついですよね。釣りの頻度が低ければ低いほどボウズはきついのに、状況がわからないため釣るのは難しいと思います。

そこでそんなあなたにおすすめの、サーチベイトとしても使え、食わせの能力も高く、ルアーを操る楽しみもあり、バスが水面を割るトップ的な興奮も味わえる万能ワームを紹介します。

 

1.概要&使い方

図2


プロショップオオツカ オリジナルワーム 虫3インチ

名前の通りプロショップオオツカで扱っているショップオリジナルのワームです。

ジャッカルが作っているようで、パッケージはジャッカルのワームと同じものです。見た目はなんのヘンテツもないハンドポワードのシャッドシェイプワームですね。

こいつをノーシンカーで使います。

まずは狙いの水深を最大1mくらいまでに絞りましょう。これだけでやるべきところを一気に絞り込めます。反応がなければどんどん移動しましょう。

ここぞというピンスポットではキャストしてフォール、反応がなければ少しトゥイッチしてアタリを確認しつつ誘う。ノーシンカーとして当たり前のことですし、これで釣れてくれれば楽なんで特に言うことはありません。I字引きにも強いワームですがここでは割愛します。

上記で反応がなければ、岸際やストラクチャー際、その後はオープンエリアまで、水面直下~水面で高速トゥイッチして探っていってください。これを繰り返していればまず食う魚がいるはずです。この釣りはサイズこそ選べませんが、自分のつけたアクションに反応して食うのが見えますし、パシャッと水面を割って食ってくるのはテンションが上がります。ゴボォってときもありますしね。

実際にこの釣りを試すと、フォールとアクションを両立させるワームは意外に多くないことに気付いてもらえるはずです。同一素材、同一サイズ、類似形状のジャッカル クロステールシャッド3インチでは同じ釣果は得られません。

本気でよく釣れるワームなんですが、その性能を最大限引き出すための方法を紹介します。

 

2.フックセレクト

スクリーンショット 2015-08-13 22.47.44・がまかつ ワーム300 #2 これが虫3インチの最高のパートナーです。昔はどこの釣り具屋さんにも置いていたんですが、ここ数年は店頭で見る機会がめったにないため、代わりになるフックを探しながら、見つけたら必ず買うようにしています。

 

スクリーンショット 2015-08-13 22.45.22・デコイ ワーム19SSフック #3 これはほとんどどこの釣具屋さんでも売っていますし、今のところ上記のワーム300に次いで虫3インチの性能を引き出してくれています。

 

フックポイントをアイの方向に曲げる必要がありますが、素手でもすぐできるので問題ありません。

下の写真の ように曲げてやればOKです。スクリーンショット 2015-08-13 22.46.42

 

3.フックセット

フォールさせるだけであればどうセットしても大差ないと思いますが、ひとたびアクションを加えたときには大きな差がでます。今回はどこでも買えるデコイ ワーム19 #3をセットしました。

スタートは背中の平面ギリギリを狙って刺します。⑨フックセット1

次にリブの始まるところで抜いて反転させます。⑩フックセット2

何本目のリブで戻す、というのはありませんが、あまり余裕があってワームがたるむような状態はよくありません。⑪フックセット3

最後にまた背中側に抜くわけですが、このときなるべく針先が背中に沿うように抜いてください。ここが最大のキモで、針先が離れていると狙いの動きが出ません。⑫フックセット4

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

あとはあなたが釣るだけです。

※今回紹介したプロショップオオツカ オリジナルワーム 虫3インチこちら

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です