【閲覧注意】アメリカで釣れたバスの口がオカシイ・・・完全に人間のせいである。

公開日: : 海外ネタ

朝マック。

ひさしぶりにしてます。朝マックがいいって言うか、早起きして家でもオフィスでもないところで仕事するのって楽しいですね。なんか気持ちいい。もっと早寝早起きの生活にしようかな。24時寝、6時起きとか。

そんな気持ちのいい朝ですが、悲しいニュースをお伝えします。

【関連】釣り中はヒツジに注意せよ! こんなんされたらトラウマになるわ!

SPONSORED LINK

水質汚染が原因で、こんなバスが・・・

EhZg1wW9mk2hIsj1431473380_1431473485

 

アメリカのペンシルバニア州にあるサスケハナ川。ここで先日釣れたスモール(マウスバス)の口がオカシイ、と全米でニュースになっています。

まずはその口をご覧ください。

これです。
b6c47b9f

ご覧の通り、口に異常なものが付いているのです。これ腫瘍です。悪性の。つまりです。

アメリカの生態系を調査するフィッシュボート委員会によって発見され、正式な調査結果、癌であることが判明したんだそう。もちろんこんなバスが見つかったのは初めてとのこと。

原因は、人間による水質汚染。このバスが生息していたサスケハナ川は、「アメリカで最も危機に瀕している川」とされており、農業用水やら都市部からの未処理の水をそのまま排水していたことが主な原因として挙げられているそうです。

癌に侵されているバスが見つかったのは1匹だけですが、どう考えても同様のバスはまだまだいると考えらます。

日本では水質汚染によるバスの被害はあまり聞かないですが、ラインブレイクによって口に残ってしまったフックが原因で、口まわりがただれている、腫瘍ができている話は聞きます。

僕らが大好きなバスフィッシング。国内外ともにまだまだ人間側の改善すべき点がありそうです。

【関連】デンキウナギに感電すると、人間でもこうなる。コワすぎ。

via:WashingtonPost

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【ハワイバス釣り】前半:お祈り~フィールド到着

PENN(ペン)ブランドを、ピュア・フィッシング・ジャパンが取り扱いスタート!

釣った魚を、更なる巨大魚がガブッ!!これはエキサイティング!!

釣り竿がなくてもピラニアを釣る方法が天才的。その発想はなかった・・・!

【訃報】老舗ルアーメーカー創業者、コットン・コーデルさんが逝去。

ZILLION(ジリオン)TWSが新登場!でも、またまずはアメリカから発売の模様・・・。

マリオが現実世界でイタズラ?「スーパーバッドマリオ」がオモロイし、よくできている!!

no image

【ド迫力】クジラが宙を舞う!ブリーチングの瞬間の写真がスゴイ。

スティーブ・ジョブズは、実はクルーザーも作っていた。やはり彼の作品は圧倒的に美しい。

アメリカでも!? 日米チャンピオンが2人とも「スピードクロー」を使用してたっぽい。

US版Daiwa(ダイワ)公式HPがリニューアルしていた!ま、それだけなんだけど。

怪魚ハンター「ヤコブ・ワグネル」を知っているか?

下剋上!?サメがウツボに食われる貴重な光景が、海外で撮影される・・・!

【少し閲覧注意】釣ったサカナが少女をガブリ。これは痛いっっっ!

バスマスターエリートシリーズ第4戦(レイクハバス)、優勝者はアーロン・マーティンス!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です