琵琶湖のバスやギル、2006年の半分に・・・。回収ボックスが成果を上げている模様(+_+)

公開日: : 外来魚問題

睡眠て最強。まさに最も強い。

珍しくさっきまで頭痛があったんです。大体は放置しておけば数時間で治るんですが、今日はそうでもない。いろんなもの食ったり飲んだりしましたが収まらない・・・で、ちょっと30分くらいだけ寝ました。完全回復!睡眠に勝るクスリはないんだと思いましたよ。

さて、時々出てくるネガティブなニュースを共有します。

【関連】【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。

SPONSORED LINK

ピーク時の半分までに減少・・・

42afa0c2

残念なニュースですが、琵琶湖のバスやギルがどんどん減っているみたいです。

滋賀県が琵琶湖に約100か所設置した「回収ボックス」が成果を上げているようで、ここ数年は年平均15トンの回収量があるとか。

具体的にそれが何匹換算になるのかはよくわからないですが、仮にすべてのサカナが1kgのバスだったら、15,000匹相当になります。

バスやギルの生息量は、ピークだった2006年の約1900トンと比較すると、現在は半分の約1000トンほどだとか。

うーむ、なるほどですね~。
最近の琵琶湖キビしいって話を時々聞きますが、今いるバスがスレてるんじゃなくて、やはりそもそもの絶対数が減っているのもあるんだろうな~。

バス釣り愛好家にとっては喜べないニュースです。

【関連】本日締切。パブリックコメント、今日出そう!! バス釣りを愛しているのなら。

via:日本経済新聞

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

no image

琵琶湖に“第2のブラックバス”と呼ばれる「アメリカナマズ」が急増している件。

富山県でバス駆除。色々ツッコミどころ多すぎな件。

no image

新潟県・糸魚川でバス駆除大会がありました。※参加者で美味しくいただきました。

環境省の外来種(ブラックバス等)についてのパブリックコメントを提出しました。バス釣りを愛する皆さんも、どうか是非。

no image

アングラーにとっては悲しい。。「外来魚ゼロ作戦」が実行される。

琵琶湖のバス・ギルの回収量が激減。猛暑が原因らしいが。でも人間だって、一生物だよ?

no image

今年は琵琶湖で水草「コカナダモ」が異常発生!!もしかしたら全国的に、多いのかも。

本日締切。パブリックコメント、今日出そう!! バス釣りを愛しているのなら。

ブラックバスやブルーギルの「透明標本」が発売される。これは、アリかもしれない。

【拡散希望】バス釣りの “新たな道へ” 「キープフィールドプロジェクト」

外来魚駆除部隊の「バスターズ」が今年の活動を終了。

no image

やっぱり啓発活動のため?バス駆除大会が佐賀県で開催される。

琵琶湖のガイド、ブラックバス飼育で逮捕。

【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。

お寺でバスやギルを供養。駆除は悲しいけど、供養の気持ちは嬉しい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です