世界を旅する「鍋田陽二」さんがオモシロい!!深海サメ好きな冒険家ハンター! ~後半~

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 魚・海洋生物, 怪魚, 芸能人・有名人

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

ということで、このまま一気に世界を釣りまわるオトコ鍋田さんの紹介をしていきます!後半は、釣り以外のワクワクするような写真も載せていますよ~。

※前半を見てない方は以下からどうぞ。
世界を旅する「鍋田陽二」さんがオモシロい!!深海サメ好きな冒険家ハンター! ~前半~

SPONSORED LINK

 

世界のサカナを釣りまくる

ドルフィンカープの仲間。カープっていうくらいだから鯉の仲間ですね!キレイな色ですね~。
ドルフィンカープの一種


プラークラーベン
。150kgの巨大エイ!日本で時々釣れる60cmくらいのエイでも引きが強いから、コイツの引きは相当ハンパないはず。。ん?仮面ライダー??

プラークラーベン150kg


パーカホ
。世界最大の鯉であり、最大3mにもなるとか。現地では美味として食べられることもあるらしい。
世界最大の鯉パーカホ


ゴールデンマシール。その名の通り、ウロコが黄金のように輝いています。口元しか見えないけど、鍋田さんの嬉しさが伝わってきますね!!
ゴールデンマシール


アリゲーターガー。本当にコイツはいつ見てもワニの仲間に見えますわ。命名した奴センスありすぎ。
アリゲーターガー


トールマーシル
。これまたキレイな魚体ですわ。そして鍋田さんは、元祖怪魚ハンター小塚拓矢さんのロッド「モンスターキス」を使っていることがわかりますね!
トールマシール


パールム
。ここまでデカイとほぼ怪獣らしく、ランディングまでに1時間の死闘があったようです。そりゃ仮面ライダーの力も必要になるわな。
999932_436439083145836_1824104062_n


魚以外も獲る。リアルハンター。

鍋田さんは世界の魚だけではなく、珍獣も獲ります。
本来の意味でのハンターでもあります。

ミズオオトカゲ。こんな奴を捕まえようなんて・・・少年!めちゃ楽しそう!!
ミズオオトカゲ


トカゲを探している最中なんだそう。現地で覚えた民族舞踊をこっそり練習しているようにしか見えない・・・(笑)
10430868_607897056000037_1314326374962509977_n


でも、舞踊しながらでもしっかりとハンティングしちゃうのです。めちゃ素早そうだけど、よく捕まえるもんですね~!
ミズオオトカゲ2


スッポンの仲間でしょうか?ひっくり返って慌てる赤ちゃんとその親みたいですね。かわいい。
10846511_603489089774167_754633032830611005_n


現地では捕まえたトカゲはご馳走になるそうな。結構ウマそうだしパワーつきそうだし、食ってみたいもんです。
10264606_607897376000005_5660239288107839134_n


釣りという名の旅

心が洗われそうですね~こんな絶景のところで釣りしてたら。たぶん、行ったら行ったで『釣りたい!』の一心で目の前のルアーしか見なくなっちゃうと思うけど。
10393902_603488709774205_3357165325168400104_n


ゴムボートに荷物たんまり積んでなんて、超楽しそうだわー。これぞ冒険ですね!ニワトリは後の食用かな?
10389072_603490303107379_7281702140131745947_n


美しい。美しい。ただただ、美しい。
1908208_603488516440891_3798619216232273780_n


釣り途中発見したのは、ナント象の足跡!ワクワクしますけど、象が近くにいる可能性を考えるとちょいビビりますね。
10704146_603490263107383_1834750896001884096_n


現地の子供たちと波ひとつない水面。こういった現地人との出会いや交流も、旅の重要な醍醐味ですよね。
10689777_584839898305753_7065218970894386167_n


時には自分たちの胃袋を満たすために、釣った魚をその場で捌きます。こういうサバイバルな旅したい!
10406385_594400324016377_2403545280414963554_n 

これまたキレイなフィールドです。でもこう見えて、ここ普通にワニがいるみたいです。わお。
わにいる 


『一体何が掛かっているのか』

10806450_603490279774048_1181183406161774108_n


最後に、こんな世界を旅する冒険家ハンター鍋田さんからメッセージを頂きました。

深海サメについて。
原文のまんまです。

深海は餌となる魚が少ないようで着底と同時にあたりはあるのですが、フッキングと500mをバラさずに上げてくるのが難しいところです。しかし、その上げている時間20分から30分かかる事もあるのですが…その時間が一体何が掛かっているのかとワクワク感が醍醐味でもあります。


500メートルをバラさずにってのは、確かに難しそうです。というか、ゼッタイに難しい。『一体何が掛かっているのか』というのも、バス釣りにはあまりない魅力ですよね!

僕も今回の鍋田さんや沖山さんを知るようになってから、海外フィッシングに強烈に興味を持ち始めています。日本じゃ釣れないような怪魚も釣りたいし、アドレナリン大放出の旅がしたいんです。

みなさんには海外フィッシングがどのように映っているでしょうか?hebinuma では、これからも海外釣りを積極的に取り上げていきたいと思います!

【関連】世界を旅する「鍋田陽二」さんがオモシロい!!深海サメ好きな冒険家ハンター! ~前半~


SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

【閲覧注意】シープスヘッドってサカナがコワい・・・。「人間の歯」を生やしているんだが。。

バッカルコーン! 普段はかわいいクリオネ・・・捕食時はデビルのような形態に。

シャチ怖い。。エサは食べずに “使う” という頭の良さ。

釣りモノマネ芸人「くじら」。まじでマニアックで細かすぎ。

カスミ水系の定番「与田浦」でレンギョが謎の大量死。およそ5,000匹も・・・!

「世界の怪魚写真展」、3月10日~開催! 有名怪魚ハンターのトークイベントも

no image

刺身の食いすぎ?クロマグロが絶滅危惧種に指定される。

チビる!ビーチに生きてるリュウグウノツカイが現る!!

ローラ『夢はみんな持っているものだし、私も実は釣り師になりたい』 え、釣り師!?

イマカツの家が豪華すぎる!! 豪邸の一部が公開されている

ピクシブ社長の片桐孝憲さんも怪魚ハンター? 巨大エイを釣り上げる!

怪魚ハンター「ヤコブ・ワグネル」を知っているか?

新モデル「iPhone6s」の外箱などのサカナが使われてる! ベタ!・・・と思われる。

怪魚ハンター小塚拓矢さんの「Monster Kiss(モンスターキス)」オンラインストアができてる!

【衝撃】メガバス、アーロン・マーティンスとのスポンサー契約を終了・・・。17年間の歴史に幕が下ろされる。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です