【テレビつまらん】カナモのモノマネの方が、1000倍おもしろいゾ!!

公開日: : 動画

SPONSORED LINK

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

2015年も3日目になりました。早くも1年の1/120に突入したわけですが、この時期のテレビがどうもおもしろくない。駅伝がかろうじて興味あるくらいで。
こんな正月のテレビよりも、よっぽどオモシロい動画があるので紹介します!

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

カナモのモノマネ「金森かつお」

2014-08-29-21.10.31

金森隆志。通称 “カナモ” 。
レイドジャパン代表であり、陸っぱりでの巻き(ハードベイト)の釣りを得意とする人気アングラーです。特に10代、20代のアングラーに人気が高いようです。

そんなカナモですが、素なのか演技なのか、喋り方がめちゃ特徴的です。このヒッピホップ要素が混ざった独特なトークが好きな方もいれば、イラつく方もいるでしょう(笑)

そんなカナモのモノマネしている人がいました。「金森かつお」と名乗るオトコなのですが、これが結構レベル高い!!似てます。仕草や口調をよくとらえています。正月のテレビよりは、ゼッタイにオモロいと思うので、見てみてください~!

まずはカナモ(本物)。

こっちが金森かつお(モノマネ)。

ちょっとだけ画像で紹介

絶対に動画で見て欲しいのと、音声は画像では紹介しきれないので、ほんの一部だけ紹介します。

本物のカナモ。
スクリーンショット 2015-01-02 18.07.18

金森かつお。場所は違えど、サングラスや髭まで似せてきてる。
スクリーンショット 2015-01-02 18.07.16 

カナモ(本物)。相変わらず、ワザとらしいな!(笑)
スクリーンショット 2015-01-02 18.09.48

金森かつお。ややパロディっぽくしてるとこもありますが、喋り方などはマジで似てます。
スクリーンショット 2015-01-02 18.09.50

僕が初めてこの「金森かつお」を見た時は、爆笑しました(笑)動画見て声に出して笑うのなんて、1年に数回しかないですよ。その1回がこれでした。

釣りのモノマネ芸人としては、くじらが有名ですが、クオリティ的には「金森かつお」の方が上だと思います。正体不明のオトコですが、いつか実際にお会いして、生で見てみたいものです!!

via:nofishingnolifeK2Ohideki

SPONSORED LINK
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

オーストラリア。ここでは、ワニ釣りができるらしい。その実態とは?

「GoPro」の釣り映像、ワクワク感ハンパない! 買おうか検討中。

世界記録のブラックバスは、Manabu Kurita氏によって、2009年に琵琶湖で釣れているという事実。

のっそり&なんでマグホールドシステム付けてないの?「I-SLIDE(アイスライド)262T」の水中アクション動画をご覧ください。

川村光大郎さんが「ドライブスティック」のバックスライドを実釣解説! これは見た方がいい。

【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。

【高画質ムービー】バスの捕食シーン・・・これはコーフンするし、釣り行きたくなってくる!

下剋上!?サメがウツボに食われる貴重な光景が、海外で撮影される・・・!

「フリップギル」のノーシンカーって、こうやって使うの!? 今まで間違ってたかも…

【動画】3m超えのサメを釣ってしまう!しかもこっちはカヤック!w

タコ強すぎ。陸上に出てきてまで捕食しやがる。

ノリーズ「ヒラクランクギル」舐めてた、すんません。これ買いますわ。

香取潤一さん。ハンディキャップを抱えながらも第一線で活躍するプロがいることを、ご存知でしょうか?

より釣るために、バイトシーンを “明確に” イメージしておこう。

こんなとこにバスが!!本場アメリカはやはりスゴイし、うらやましい。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です