怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~後半~

公開日: : 最終更新日:2016/04/08 魚・海洋生物, 怪魚, 芸能人・有名人

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

と、いうことで後半です。
後半の方がもしかしたら、見聞きしたことあるようなサカナが出てくるかもです!

※前半を見てない方は以下からどうぞ。


SPONSORED LINK

 

あの有名な怪魚をワンサカ

デンキウナギ。夜行性のため、夜釣りでのゲットですね!
デンキウナギ

ドラード(ウルグアイ)
。ドラード!!!ルアーカラーでもお馴染みのコイツ。くそかっこええ、釣りてえ。
ドラード(ウルグアイ)

ナイルパーチ
(エジプト)。映画の題材にもなった、強烈な引きが楽しめる代表的なゲームフィッシュです。
ナイルパーチ(エジプト)【関連】「ダーウィンの悪夢」を見てみた。ナイルパーチを取り巻くアフリカの現実。


ノーザンパイク
(モンゴル)。 時には鳥類や哺乳類をも捕食する獰猛な性格。
ノーザンパイク(モンゴル)

パーカーホ
(タイ)。 コイの仲間では最大。てか、沖山さんウレシそーー!!コイツを釣るまでの苦労が伝わってきます。
パーカーホ(タイ)

バタフライ
(南米)。 ピーコックバスの一種。ゴッツイ。めちゃ釣りたい・・・!
バタフライ(南米)【関連】 【ハワイバス釣り】後半:初ピーコック~大物バラシ


ピライーバ
(ガイアナ)。 巨大ナマズ。コイツも一部では、“人間の子供を食う”って噂があるほど巨大化します。
ピライーバ(ガイアナ)

ピラルク
(ガイアナ)。 生きている化石と言われることも。てか、この巨大ピラルクを釣ったわけ!?惚れちゃう。。
ピラルク(ガイアナ)

ピラルクファイト
。 ヤバイwwwww。こんなんが食ってきたら、おしっこチビっちゃうわ。怖っ!すごっ!
ピラルクファイト

プラークラベーン
(タイ)。 淡水エイ。意味が分からん・・・なにこの大きさ!!!!(笑)
プラークラベーン(タイ)2

メコンオオナマズ
(タイ)。 名前の通りメコン川に生息する最大級のナマズ。ハクレンみたいな顔してるんだな。
メコンオオナマズ(タイ)

ヨーロッパオオナマズ
(カザフスタン)。 日本からもコイツを釣るためのツアーがあるほど人気の魚。確かにコイツをこうやって持つのはキツイよ、沖山さん・・・。
ヨーロッパオオナマズ(カザフスタン)2

レッドテールキャット
(ブラジル)。その名の通り、尾が赤いんです。体もゴールデンっぽいし、なんか神様みたいだな。
レッドテールキャット(ブラジル)

ワニガメ
(テキサス)。 魚ではないですが(笑)いま日本各地で出没してる超危険なアイツです。
ワニガメ(テキサス)

シカ?写真から察するに、銃で仕留めたのでしょうか。ホント冒険ですね!楽しそう。
10846716_811678598879006_1017056194_n 
ワニ。怪魚はわかるけど、『ワニ獲ろう!』とかになるの?(笑)でも最高にアドレナリンが出そう。
10859322_811678602212339_393519535_n

『とりあえずやってみたらいい』

o0800053110955357427

こんな怪魚を釣りまくってる超釣人(スーパーアングラー)、沖山さんからメッセージを頂きました!

原文のまんまです。

海外釣りなんて誰でも出来るし、簡単なんでとりあえずやってみたらいいと思います!別にすごくもないですからねwww 運が80%占めてますね。。。 今後の目標は2年間トライしつつも梯子を外されているコンゴへ行きゴライアスタイガーを必ずこの手に収める!って感じですかね。

これがゴライアスタイガー。もはやこれが魚類というカテゴリであることが違和感。タイガー感あるわ。
Screen shot 2010-10-26 at 6.58.44 PM

このメッセージから、沖山さんが非常に自然体で楽しんでいることが伝わってきます。簡単だし運だとも言ってます(笑)

ホントかよ!って思うかもしれませんが、意外と本当かもしれませんね。未知の世界だけど『とりあえずやってみる』。そんなスタンスが、これまでの怪魚釣果をもたらしてきてるのかもしれません。

前半・後半と記事書いてたら、僕もめちゃ怪魚フィッシングやりたくなってきましたわー!タックルもテクニックも、旅行の手配や現地での移動など、ほぼ全てが未知ですが、2015年『とりあえずやってみよう』と思います!

これまでのどんなことよりも、その向こう側にワクワクやエキサイティング、冒険感やアドレナリン大量放出などが待っていそうな気がします!!!! ヒャホー!!

楽しみやわー!まずは稼がないとな!

【関連】【大量画像】怪魚ハンター「沖山朝俊」がヤバイ。。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~前半~

via:Creature

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「世界の怪魚写真展」、3月10日~開催! 有名怪魚ハンターのトークイベントも

シーバスガイド船、横浜「KNOT ENOUGH(ノットイナフ)」さんで久しぶりのデイゲーム。ビッグベイトでみんな、すげぇよ。

【衝撃】メガバス、アーロン・マーティンスとのスポンサー契約を終了・・・。17年間の歴史に幕が下ろされる。

「ベンテンウオ」って深海魚のカタチがヤバい!なんじゃこりゃあああ!!

『新・世界怪魚釣行記』をリアクションバイトしてしまった・・・!

ラグビー五郎丸選手に「ステラ」プレゼント! シマノ、さすが。

no image

【ド迫力】クジラが宙を舞う!ブリーチングの瞬間の写真がスゴイ。

平成生まれの怪魚ハンター「尾池泰志」とは!? ~前半~

生物ライター「平坂寛」。なぜ今メディアが彼に注目しているのか? ~後半~

怪魚ハンター「沖山朝俊」がスゴイ。世界中の怪魚を釣りまくってる!!~前半~

イマカツの家が豪華すぎる!! 豪邸の一部が公開されている

チビる!ビーチに生きてるリュウグウノツカイが現る!!

バッカルコーン! 普段はかわいいクリオネ・・・捕食時はデビルのような形態に。

渋谷の熱帯魚屋「SENSUOUS(センシュアス)」で、オシャレでコンパクトな水槽を買ってみた。今日からエビちゃんと一緒にガンバるよ!

松方弘樹、72歳。自己最高記録の361キロ巨大マグロを釣り上げる!!

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です