やっぱり啓発活動のため?バス駆除大会が佐賀県で開催される。

公開日: : 外来魚問題

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

いつも楽しく記事を書けるのですが、やはりこの類の記事は楽しく書けませんね。悲しいです。

SPONSORED LINK

 

佐賀県の松浦川でバス駆除大会

スクリーンショット 2014-10-05 01.38.01

先月9月21日に、佐賀県の松浦川というフィールドでバスやギルを駆除するための大会が開催されていました。

約50人が参加し、40匹ほどのバスやギルが釣り上げられ、駆除されたとのことです。あううううう。。

松浦川、50アップ数多く生息する、人気フィールドらしいです。

駆除よりも啓発活動なのか

参加者たち。
SAG2014092799000048_id1_20140927104540

こういう駆除っていつも思うんですけど、駆除することよりも啓発活動の意味合いの方が強いんでしょうか?

『ブラックバスは悪い魚なので、みんなで一緒にやっつけよう!』

っていうメッセージ・考えを、地元に植え付ける為に、こういった駆除大会が開催されているんだと僕は思ってます。

無限に広がる川で数十匹駆除したところで、効果はほぼないですからね。

まあ、僕ら釣り人からすると、数十匹数百匹のバスが駆除されることよりも、そんな考えが浸透してしまうことの方が1兆倍くらい怖いんですけどね。うううんんん。

via:佐賀新聞

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

琵琶湖のバス・ギルの回収量が激減。猛暑が原因らしいが。でも人間だって、一生物だよ?

琵琶湖のガイド、ブラックバス飼育で逮捕。

本日締切。パブリックコメント、今日出そう!! バス釣りを愛しているのなら。

あわわわ( ゚д゚) 神奈川県の相模川で、バスの本格駆除。電気ショックも使った模様。

【拡散希望】バス釣りの “新たな道へ” 「キープフィールドプロジェクト」

no image

琵琶湖に“第2のブラックバス”と呼ばれる「アメリカナマズ」が急増している件。

no image

今年は琵琶湖で水草「コカナダモ」が異常発生!!もしかしたら全国的に、多いのかも。

富山県でバス駆除。色々ツッコミどころ多すぎな件。

お寺でバスやギルを供養。駆除は悲しいけど、供養の気持ちは嬉しい。

琵琶湖のバスやギル、2006年の半分に・・・。回収ボックスが成果を上げている模様(+_+)

no image

新潟県・糸魚川でバス駆除大会がありました。※参加者で美味しくいただきました。

no image

アングラーにとっては悲しい。。「外来魚ゼロ作戦」が実行される。

【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。

外来魚駆除部隊の「バスターズ」が今年の活動を終了。

またか。。バス駆除が宮崎県で実施される。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です