初めてシマノのピンオンリール買ってみた!ケチるもんじゃない、結構違うもんなんだな、と思ってます。

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

三連休ですが、今のところ全て予定が入っており、釣りに行けてない状況です・・・でも、そろそろ隙間時間に行きたくなってきたので、近場のタマゾン川にでも久しぶりに行ってみようかと思っております。

今回は小物類を紹介します!!

SPONSORED LINK

 

たかがピンオンリール、されどピンオンリール

2014-09-14 09.45.05 
みなさん、ピンオンリールって使ってます?
はい、↑のようなヤツです。引っ張るとグゥイーーーンと伸びる、アレです。

僕はこれまで↑のピンオンリールを使ってました。もうかれこれ5年くらい。特に有名メーカーのなどではなく、500円くらいだったかな~(ラインカッターも500円くらい?)。

使ってても特に不満はなかったのですが、今回、試しにシマノのピンオンリールを買ってみました。これが案外良かったのでシェアさせていただきまする!!

開封の儀

今回買ったのがこのシマノのピンオンリール「PI-018I」。上州屋で1000円くらいでした。
2014-09-06 02.04.11

裏面。ふむふむ。
2014-09-06 02.04.20

超シンプル。ブラック、ブルーもありましたが、シルバーをチョイス。
2014-09-06 02.05.15

裏面はクリップ式です。これまで安全ピン式だったから取り付けが超ラク。
2014-09-06 02.05.29

ヒモの色は、ホワイトです。
2014-09-06 02.06.14

ヒモの長さは約45cm。
2014-09-11 23.44.29

500円、ケチるんじゃなかった

2014-09-06 02.08.06

ホント、この一言に尽きます。
500円、ケチるんじゃなかった

元々使ってたのが約500円、シマノのが約1000円なので、差額約500円でしたが、5年前の購入当時はここをケチりました。

でも、その判断ミスってました。

ヒモがスムーズ

何よりも、引っ張った時に、ヒモが超スムーズに出てくれます。これまではこれまでで特に気にならなかったのですが、今回シマノのを買ったことで比較でき、これまでのが実は重い(スムーズに出てこない)ってことがわかりました。
コイツは軽~い力でスーッっと出てきてくれます。向こうから自発的に出てきてくれる、極端に言うとそんな感じ。

ピンオン“リール”って言うくらいだから、シマノさん、その辺は得意領域なのかもしれないですね!

クリップ式がラク

これまでは安全ピン方式でした。
なので、取り外しはメンドクサイし、ジーンズとかだとカタくてうまく針が刺さらなかったのです・・・。

その点、クリップ方式は、衣服の素材とかカンケーないんでラクです。

5年前買った当時の僕は、ケチりました。新作のルアーは平気で1500円とかでも買うのに、『小物類なんてそんな変わらないっしょ!』と舐めてました。ゴメンナサイ(ー_ー)!!

『生ひとつ』って言った瞬間に500円くらいはかかってます。その一言を我慢して、最初っからシマノのこっちを買うべきでした。おすすめです。

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

レイバンに、タレックス新作「ラスターオレンジ」をハメこんできた。 ~後半~

気付かなかった…葛西臨海公園に「ブラックバス」が飼育展示されていたとは

「バトラー 601MFB ラプター」購入。15年以上前のダイワ人気ロッドを今さら

自動膨張式ライフジャケット「ラフトエアジャケット VF-052K」開封。外観や内部構造、細部をチェックしてみた

ブラックバスやブルーギルの「透明標本」が発売される。これは、アリかもしれない。

デンジャラスな釣りには持って行きたい。サバイバルキット「VSSL(ベッセル)」。

レイバンに、タレックス新作「ラスターオレンジ」をハメこんできた。 ~前半~

できました。hebinuma のスマホケース。

「ソラローム ルアーPE」、東レから新登場した格安PEに期待

【検証】コロンビアの「撥水加工」ジャケットを濡らしてみた。どれだけ大丈夫なのか?

勝手に「キングオブ2014夏ルアー」は、ツーサイドに決定させていただきました。

TATULA(タトゥーラ)を手に入れたぞ!!

凍ってる!?陸っぱりランガンするもノーバイトノーフィッシュ

まさかの付録DVDに。村上ワールドへ引きずり込まれた。

「トップ党」という素敵なバス雑誌。なんだか心地良くなってくる世界観

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です