O.S.P専門の無料冊子「O.S.P JOURNAL(ジャーナル)」が8月から配布開始!!これはオモロそう。

公開日: : 最終更新日:2015/08/21 ニュース, 本・雑誌

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

最近、O.S.Pやメガバス、ジャッカルなどの記事が特に多い気がしてますが、これらのメーカーとの癒着・賄賂などは一切ありません。僕の独断と偏見によるネタチョイスですので、ご安心くださいませ。

SPONSORED LINK

 

O.S.P JOURNAL(ジャーナル)が配布開始

834_1

O.S.P JOURNAL(ジャーナル)という冊子が創刊され、今月8月から配布開始です!!配布場所は、街の釣具屋さん。隔月発行です。 そして無料!!

数には限りがあるとのことなので、見つけたら即バイト必須!

気になる内容は、「各製品の使い方」です。
なんだよそんなことかよ、と一瞬思いましたが、よく考えたら絶対に価値アリまくりです。

我流でやってたのが修正されたり、O.S.Pのスタッフしか知らないようなテクが凝縮されて読めちゃうわけですから!フィールドでのルアーチョイスや食わせ方の迷いが、少なからず減るのではないかと。

なぜ敢えてフリーペーパーを?

soku_12148 
なぜ、この時代にネット上での情報発信ではなく、“敢えて”紙媒体(フリーペーパー)にしたのでしょうか?

ここから先は僕の推測でしかないですが、

①ネットには情報が溢れすぎている
②釣り人の情報収集源はリアル(店舗や人)から
③(冊子内に店舗の広告が入っていると仮定すると)来店頻度を増やす
④フロー型ではなく、ストック型で情報を残す

と、こんなところがネットではなく紙にした理由が思い浮かびます。

一応、補足すると、②は、本当に釣れる情報はネットではなく店や人が持っている。これはみなさんも実感あると思います。④は、facebookやTwitterなどのタイムラインのように、常に情報が垂れ流されていて、あるタイミングでしか情報が発見されないのではなく、冊子であれば車内やリビングに置きっぱにされることで、常に情報が発見されやすい(接触チャンスが生まれる)。

ネットに比べて、圧倒的にコストがかかってしまう紙媒体。なぜネットにしなかったのか。実物を手にして、なにかこのあたりのカラクリがわかったらシェアします。

とかマジメなこと言っておいて、全くそのカラクリがわからなかったり~(笑)そもそも、冊子そのものをゲットできない可能性も!

ゲットできた暁には、“開封の儀”もどきをやりますので、楽しみにしててください!!

via:O.S.P

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

話題のZARI VIB(ザリバイブ)を購入してみました。

タックルベリーがいつの間にか全国制覇していたゾ!

メガバスからPOP-Xっぽいペンシル「CHUGY-X(チャギーX)」が完成!!ただ、まずはアメリカでの発売。またかよ。

おい!O.S.Pが「妖怪ウォッチ」に便乗しているんだが・・・(笑)

うう。O.S.Pとティムコが、値上げを決定。やはり円安が影響しているのか。

「トップ党」という素敵なバス雑誌。なんだか心地良くなってくる世界観

今月のバス雑誌も買いました。ダイコーの広告がしっかり載ってるのが切ない。

アメリカの最大釣具店「バスプロショップス」が、大手ボートブランドを買収!!

ナマズちょっと始めてみようかな。コレ読んだら、ナマズが魅力的に思えてきた。

メガバスから9番目の新スピナベ「V9(ブイナイン)」が9月25日にリリース決定!!

琵琶湖のガイド、ブラックバス飼育で逮捕。

第10回「Gill(ギル)杯 in 片倉ダム」が9月28日に開催!!

「釣人誌」。釣りにも “同人誌” なるものがあったのか!

no image

新バス釣り雑誌「Angling BASS(アングリングバス)」がついに来月8月に創刊だゾ!!これは嬉しい&興奮しちゃう。

『新・世界怪魚釣行記』をリアクションバイトしてしまった・・・!