外来魚駆除部隊の「バスターズ」が今年の活動を終了。

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 外来魚問題

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

いつもはバサーにとって楽しくなるような情報発信していますが、今回は、ちょっと違います。

でも、現実を知るために、広めるためにシェアさせていただきます。

SPONSORED LINK

 

「バスターズ」という組織。

※イメージです。
ghostbusters-logo
バスターズ
それは、市民らのボランティアによって成る組織です。目的は、ブラックバスやブルーギルを始めとする外来魚を駆除すること。 恐らく、ゴーストバスターズから来ているのでしょう。

伊豆沼(宮城県栗原、登米市)に生息する外来魚を、毎年駆除しているそうで、今年で11年目とか。で、その今年分の駆除活動が終了したってわけです。


卵と稚魚を一斉駆除。

※バスターズによる実際の駆除の様子。
20140713022jc

今年は、産卵床(巣)23か所と稚魚を駆除した模様。
ブルーギルについては今後、電気ショックによる一網打尽作戦を進めていくという。

1960年代にアメリカからの寄贈としてブルーギルを受け取った天皇、外来生物法を制定した小池百合子氏(元環境大臣)などなど・・・この問題になると、個人的に物申したい思いがたくさんある。 ぐぬぬぬ。

30年後、いや10年後の日本でのバス釣りがどうなってるかわからない。ネガティブなことはあまり考えたくないが、今なお駆除され続けているのは、紛れもない事実だ。


via:河北新報


SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

環境省の外来種(ブラックバス等)についてのパブリックコメントを提出しました。バス釣りを愛する皆さんも、どうか是非。

琵琶湖のバス・ギルの回収量が激減。猛暑が原因らしいが。でも人間だって、一生物だよ?

お寺でバスやギルを供養。駆除は悲しいけど、供養の気持ちは嬉しい。

【動画】電気ショックでの駆除光景。なるほど・・・こんな感じで一網打尽にしているのか・・・。

今年は琵琶湖で水草「コカナダモ」が異常発生!!もしかしたら全国的に、多いのかも。

琵琶湖のバスやギル、2006年の半分に・・・。回収ボックスが成果を上げている模様(+_+)

やっぱり啓発活動のため?バス駆除大会が佐賀県で開催される。

【拡散希望】バス釣りの “新たな道へ” 「キープフィールドプロジェクト」

アングラーにとっては悲しい。。「外来魚ゼロ作戦」が実行される。

琵琶湖に“第2のブラックバス”と呼ばれる「アメリカナマズ」が急増している件。

新潟県・糸魚川でバス駆除大会がありました。※参加者で美味しくいただきました。

ブラックバスやブルーギルの「透明標本」が発売される。これは、アリかもしれない。

あわわわ( ゚д゚) 神奈川県の相模川で、バスの本格駆除。電気ショックも使った模様。

またか。。バス駆除が宮崎県で実施される。

琵琶湖のガイド、ブラックバス飼育で逮捕。