ロッドTATULA(タトゥーラ)をデビューさせてきたので、その感想を思いのまま書きます。

公開日: : 最終更新日:2016/05/11 レビュー(インプレ)・レポート, Rods

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

先週、河口湖に行ってきました。
TATULA(タトゥーラ)のロッド「721HFB」のデビュー戦でもあったので、その使用感を“思いのまま”書こうと思います。

【関連】TATULA(タトゥーラ)のロッド「TATULA 721HFB」を購入しました。

【関連】TATULA(タトゥーラ)記事の一覧

SPONSORED LINK

ロッドのTATULA(タトゥーラ)も、リール同様、堅牢&コスパ抜群。

2014-07-02 00.39.25

ビッグベイトやヘビースピナベ用にと購入した「TATULA(タトゥーラ)721HFB」。見事にその期待に応えてくれました。

まずロッドの感じから。
ズバリ、堅牢で頑丈なイメージです。ここはリールと同じ。
そして、感触はと言うと、いわゆる“シャキン”系です。もちろん、そもそものパワー(硬さ)がヘビーだってのもありますが、それでもシャキン感あります。キャスト時に特に感じますが、バット部分を含め、“粘る”ことなく、「バッキバキのキンキン」です。

721HFBのスペック。ちなみに上州屋渋谷店で買いました。 19,800円也。
2014-06-18 14.18.14

それだけのパワーがあるので、ジョインテッドクロー178(ジョイクロ)も無理することなく行けました。
一応ロッドに表示されているルアー重量の範囲は、「3/8~1・1/2オンス(約10.5g~42g)」なので、ジョイクロ178の2オンス(約56g)は、ややキャパオーバーなのですが、それなりにキャストできます。てか、デッドソードを使ったことないので比較できませんが、けっこう普通にキャストできます。そんなに気を使わないです。

ジョイクロ178を「TATULA(タトゥーラ)721HFB」に付けたところ。ロッドのしなりはこんな感じ。
ジョイクロ垂らしただけでは、ほぼしならないくらいの硬さ。
2014-07-02 00.45.53

もちろんビッグベイトなので、素早く“ビシッ”とではなく、“よっこらせ”とある程度ロッドにルアーの重さを乗せて投げる方法での話です。ビシッ的なキャストだったら、ロッドが(特にティップ)が悲鳴をあげるかもしれません。

ヘビースピナベやディープクランクなどは楽勝でキャストできることはもちろん、速巻きしてもティップが負けないので、快適にリトリーブできます。今回は試してないですが、このロッドでフロッキングやヘビーカバーのジグ撃ちなどもできそうです。

当然だが、リールTATULA(タトゥーラ)との相性は抜群。しかも軽く感じる!

2014-07-02 00.50.11

当然ですが、リールのTATULA(タトゥーラ)「103H-TW」との相性は超絶マッチしてます。

これまでは、デストロイヤーF5-62Xに乗っけていたんですが、その時よりもしっくりきます(当然ですが)。使い勝手的にもデザイン的にも。

そして、なにより軽く感じます!TATULA(タトゥーラ)シリーズは、自重220gあるので、現代の最新リールと比較すると軽くはない、というかむしろチョイ重い部類に入ると思うのです。

絶妙なロッドバランス。
2014-07-02 01.07.08

ところが、ロッドTATULA(タトゥーラ)に乗っけるとアラ不思議。そんなに重く感じません。リールTATULA(タトゥーラ)&他の竿、でジョイクロ投げてると、「リールもルアーも重いわ。」で、これまでは手の平と腕が疲弊してくるのを感じてたのですが、今回の釣行ではそれがありませんでした(もちろん体調やメンタルにも大きく左右されると思いますが)。ロッドバランスが、リールに合わせて絶妙なところで設計されているんでしょう。

ハマジリ(ジリオン ハイパーロングキャスト)以来、ダイワのロッドやリールを食わず嫌いしてきた僕ですが、今回のTATULA(タトゥーラ)で、ロッドもリールも完全に見直しました。というか、もはや惚れてます。あ~SSとか他のも気になっちゃうじゃんよー。

以上、「TATULA(タトゥーラ)721HFB」の感想です。感覚的なところとか、曖昧な表現とか使ってしまいましたが、少しでも伝わりましたでしょうか?ほんのちょっとでも参考になれば、嬉しい限りです。

この最強の組み合わせでジョイクロ178がいけたので、とりあえずどんなルアーも行けるっしょ!と思ってたんですが、現在、日本各地で絶賛のガンタレル(重量ナント70g!)は「さすがにキツイ」と思ってる今日この頃です。

こちらもオススメ!
【関連】TATULA(タトゥーラ)の記事一覧

 

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「EU180(エルアルバーノ180)」。TULALAからロンドン生まれのパックロッドが誕生。

バス釣りメディア “中の人” と行く、亀山釣行記 ~後編~

中学生の頃に「fenwick HMX」を買った。良きパートナーだったな。

ロッド破損の保険金は出るのか。いま実験中です。

no image

初めてシマノのピンオンリール買ってみた!ケチるもんじゃない、結構違うもんなんだな、と思ってます。

【レビュー】あらためて気付いた「ビフテキリグ」の良さ3つ

これは斬新!!バズーカのように撃ってキャストする「Rocket Fishing Rod(ロケットフィッシングロッド)」が新しい!

【まとめ】これまで行ってきた&レポートさせてもらった釣具屋さんたち

ニシネルアーワークス、ハンドメイドの異彩を放つルアーたち。

初めての「キープキャスト」。感じたことを、そのまま書きます。

ジリオンTWS「1516SHL」購入したので、開封の儀します。こりゃワクワクする

「HYUGA(ヒューガ)」にパックロッドモデルが追加される! 仕舞寸法35cm以下だと!?

エバグリから福島健プロデュースのロッド「FACT(ファクト)」シリーズ新登場!第1弾はスピニングですよ。

ネズミ型!? デプス、ジークラックの2016年新作ルアーたち。

「Pocket Reel(ポケットリール)」。それはパックロッドを超えた最強のモバイル釣り道具。