ZEAL(ジール)の偏光グラス「STELTH(ステルス)F-1370」を購入してみた

本日もhebinumaをご覧いただき、ありがとうございます。

先日、愛用のブラックフライが壊れたので、しばらく代用品の偏光グラス使ってましたが、本格的なものがやはり欲しくなり、ついにZEAL(ジール)に手を出してしまいました!

【関連】緊急時や入門用にイイ!LOGOS(ロゴス)の偏光グラス。

SPONSORED LINK

そもそもZEAL(ジール)ってナニ?って方へ。

as-004
正式名称は、ZEAL OPTICS(ジールオプティクス)。株式会社グレンフィールドのサングラス、偏光グラスのブランド名です。

特に偏光グラスでの知名度&評判が高く、清水盛三さんや田辺哲男さん、秦拓馬さんなどの有名バスプロも愛用しています。

ZEAL(ジール)の偏光グラスのレンズは、基本的には、TALEX(タレックス)のモノを採用しています。TALEX(タレックス)は、偏光レンズ専門メーカーとして、超高クオリティのレンズを生み出している企業です。TALEX(タレックス)の公式HPに、バスフィッシング専門の特設サイトがあるので、是非とも見ていただきたい。

 

ナゼ僕がこの商品を買ったか?

今回購入したのは、「STELTH(ステルス)F-1370 」という偏光グラスです。STELTH(ステルス)は、レンズの種類によって全4タイプあって、僕が買ったのは「トゥルービュースポーツ」ってのです。

ZEAL(ジール)のアイテムは初めて購入しましたが、決め手は三つ。

◇TALEX(タレックス)製の偏光レンズを採用している。
◇とにかく軽量。
◇カッコイイ!



フィッシング界において、
「タレックス以外のレンズは偏光じゃない」
「タレックス付けると釣果アップする」
「タレックスはシャローの魚探だ」
「タレックスタレックス!」

なんてことをよく聞いていたので、今回は僕の中では、タレックスは必須でした。

不朽の名作「Sight Master(サイトマスター)」もタレックスレンズを使用してる&軽量なので、迷いましたが、最終的にはデザインです。カッコイイ!と思ったのが、ジールだったのでこっちにしました。

開封の儀、です。

まずは購入後のお決まりの、「開封の儀」をやらせていただきます~。細かくやりすぎかもですが、しばし、お付き合いください~。

外箱です。
偏光グラスにしては、ちょっと贅沢すぎるくらいのオシャレな雰囲気出してきてます。肌触りもいい~。
2014-06-05 11.15.56

側面。
レンズに、「TRUEVIEW SPORTS」って書いてあります。タレックスのレンズです。
2014-06-05 11.16.39

深紅の外箱開けると、また外箱が。
ふむふむ。贅沢ね。
2014-06-05 11.17.07

ケースと取扱説明書。
2014-06-05 11.17.55

ケースオープン。
更にビニールでも梱包されてた。丁寧丁寧。
2014-06-05 11.18.15

本体と付属品。
タレックスレンズの説明書も入ってた。
2014-06-05 11.19.22

本体です。
2014-06-05 11.20.13

サイドにジールのロゴ入ってます。
2014-06-05 11.21.07

鼻の部分のフィット具合を、このネジによって調整できます。 
2014-06-05 11.21.44

耳かけの部分は、ゴム(っぽいモノ)でコーティングされてる。ズレ落ちにくそうです。
たしかに、掛けた感じはめっちゃフィット&めちゃ軽い!
2014-06-05 11.29.29

 

どう見えるのか?見比べてみました。※室内です。

まあ、そんな外見よりも大事なのが、偏光レンズとしての性能。

まだフィールドに出てないので、既に持っているブラックフライ(FLY DIMENSION)と見え方がどう違うのか。室内で見比べてみました。

今回の対象物。近くにあったPOP-X。
これが裸眼で見た状態です。
2014-06-05 11.24.54

FLY DIMENSION(ブラックフライ)での見え方。
2014-06-05 11.26.44

STELTH(ジール)での見え方。
2014-06-05 11.27.09

どうでしょう?
これでわかることは、ジールの方はあまり視界が暗くならないってことです。

そんなの入れてるレンズによる違いだろーが!
写真の撮り方の違いだろーが!
おまえの主観だろーが!


とお叱りをいただきそうですが、少しでも参考になればと・・・!ギャー!

視界が暗くならずに、水中が見やすくなることはメリットだらけのはず!なので、フィールドに出て、また明確な違いなど感じたら、書かせていただきます!

SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

「タイニーシグレ」入手。自然に溶け込むナチュラルな蝉プラグのちっちゃい版

「SS AIR(エア)8.1L」をゲットしたので“開封の儀”はじめます。思ってた以上にカッコイイ。

新「グリフォン」、これまでとどう違うのか? 旧モデルと比較してみた

「グリフォン」「ドッグX ディアマンテ」など、2016年 Megabass 新作ルアーたち

RAJABONE(ラジャボーン)を買ってみたけど、奇抜すぎて確かに戸惑った。

なにかと話題の「レベルシャッド」買ってみた! 想像していたよりもかなり小さいな。

「BBマスタング」ゲットしてみた! ジークラック初のクランクベイト。

「バイブレーションX ONE KNOCK(ワンノック)」も仲間入りさせてみた。 これは怒りバイト誘発できそうだ。

DSTYLE「ロッドベルト」誕生。11月発売予定。

フィッシングボート「Ultraskiff 360」の形状が斬新すぎる。

no image

独自記事ばかり。今月号「Basser」、絶対に読んだ方がいい

no image

ピロピロ感ヤバい「クレイジーフラッパー」を買ってみました!さっそくブッシュにぶち込みたい!!

ドロン「リカバリーソックス」をゲット! 履いてみたら、すげぇ足がスポーティになる(笑)

「Triton」がすごい。酸素ボンベなし、咥えるだけで水中呼吸できちゃう

「シェイクシャッド」「Dスパイカー」など、2016年 DSTYLE 新作ルアーたち。