ギョギョギョ!スマホが魚群探知機に!!

公開日: : 最終更新日:2014/07/16 デジタル系, ガジェット(道具)

SPONSORED LINK

もっと水中どんなになってるか見たいな~。

ここに魚いるのか?俺いないとこにずっとルアー投げてんのかな。

 

釣り人であれば、誰も一度は思ったことあると思います。

今回は、あなたのスマホが魚探になる画期的なアイテムのご紹介です。

その名も「Deeper」!ね、いかにも水の中って感じでしょ?

gigamen_deeper

 

 

使い方は、カンタンで、そして今どき。

上の写真の球体の方を水に浮かべるだけ。あとはスマホの方で、専用アプリから水中が見れるんです。

 

how_does_deeper_work_bluetooth_range_with_smartphone

こんな感じで水底の状況や障害物、もちろん魚の情報までちゃんとカラーで表示されるんです。

 

Deeperの通信範囲は50mで、水深40mまで探索する事が可能です。

ですので、この球体を陸から投げて(紐とかつけてね)、陸っぱりでも使えそうです。

もしかしたら、ぶっ太いラインだったら、キャストで投げられるかも・・・・(笑)

 

現在は、米国アマゾンで$227で販売されてましたが、日本のアマゾンなどでは見つかりませんでした。

今後、日本でも手軽に手に入ることを願ってます。アマゾンジャパンさん、お願いしますっ!!

 

アプリも現在は、英語版のみですが、DLするのは無料ですので、興味ある方はどうぞ。

このDeeperもそうですが、これからどんどん釣りとITが絡み合っていくのが楽しみですね!

 

App Store logo-297x100 Google play logo-297x100

SPONSORED LINK ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
SPONSORED LINK
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■今週よく読まれている記事たち
hebinuma人気記事ランキングへ

■HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

■当サイトについて
なぜhebinumaを立ち上げたのか

◆こちらの記事もどうぞ

関連記事

糸の結び方専門アプリ「Knots 3D」を使ってみたゾ!

斬新! ブラックバスで「デザイン魚拓」を実際にやってみた。

本日22:10~、BITE「ルアマガLIVE」に川村光大郎さん、初登場!

まじかよ(笑)つりビットのラインスタンプができてる・・・・・!!

ドローンの進化が、釣りを「観戦スポーツ」へと変貌させる。ような予感がしてならない

今日から開催中の「オールスタークラシック2014」のニコ生が開始!リアルタイムで見れちゃうぞ!!

no image

3Dプリンターで釣具も作れる時代へ!複雑な形のルアーも自作できちゃう。

「Pocket」をTwitter(ツイッター)でも使えるようにする方法

no image

発見!!あのホンダの公式HP内に、釣り専門サイトがあった!

no image

O.S.Pの公式HPがリニューアルしていたゾ!今っぽく見やすくなってる!

バス釣り専門のマストドン「basstdn.jp」とは?実際に使ってみての感想など

超話題の「亀ルアー」がセルバイで売ってる! しかも500円! 意味ワカラン(笑)

「BITE」の生放送、今日の22時から~!

スマホでサカナの重さが計れる「Measure It Fish Scale(メジャーイットフィッシュスケール)」のアイデアはいいが、やっぱり少しゴツいと思う。

ウェアラブルカメラ「Q-camera ACX1」を購入! おしゃれデザイン&アクセサリー豊富、で17,172円! ~後半~